妊婦さん必見!葉酸不足による赤ちゃんのリスクとは?

妊婦さん必見!葉酸不足による赤ちゃんのリスクとは?

 

 

妊娠中のママのお腹の中で葉酸が不足した場合、胎児に様々な悪影響があります。
それでは、実際にどのような影響が出てしまうのか順を追って書いていきたいと思います。

 

 

赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」のリスクが高まる

 

胎児の細胞分裂が活発となる妊娠初期4週〜12週の頃に葉酸が不足してしまった場合二分脊椎という先天性の障害を招く心配があります。

 

同じく、2〜4ヶ月頃に葉酸が不足すると、無脳症という障害のリスクが高まるということも知られるようになりました。

 

「二分脊椎」や「無脳症」などの障害は神経管閉鎖障害と呼ばれており、これはお腹の中にいる頃の成長過程でおこる障害です。

 

これらの障害の原因の一つが、葉酸の不足によるものであることがわかっているのです。

 

二分脊椎

閉鎖障害が神経管の下部に起きた場合をいい、その部位では脊椎の骨が神経の組織を覆っていないので、神経組織が阻害されてしまいます。
下肢の運動障害・膀胱・直腸の機能障害が起こることがあります。

 

無脳症

閉鎖障害が神経管の上部で起こると、脳が形成不全となります。
これを無脳症といいます。赤ちゃんはママのお腹の中で細胞分裂して成長しますが、頭部がほとんど形成されていない状態のことを言います。

 

現在では生まれる前に検査が可能で診断ができますが、無脳症と診断された場合には、人口妊娠中絶の手術を希望される親御さんが多いようです。

 

 

妊娠7週目までが重要

 

 

 

お腹の赤ちゃんの神経が出来上がるまでの時期(妊娠初期)に十分な葉酸を摂っておくことが重要です。

 

「無脳症」「死産・流産」や「二分脊椎症(歩行困難)」といった
神経に関わる先天性の病気が起こるリスクを下げる効果があるんですね。

 

葉酸の摂取推奨時期は、妊娠する1か月前から妊娠3か月までと言われていますが

 

それ以降も、葉酸を摂り続けることで

 

  • 早産
  • 胎児発育遅延
  • 常位胎盤早期剥離
  • 妊娠高血圧症候群

 

など産科合併症のリスクが低くなるので出産まで継続することが望ましいでしょう。
貧血対策という意味でも葉酸は心強い味方になりますね。

 

 

葉酸は流産のリスクも減らす

 

 

 

流産には染色体異常などの問題が大きく関わっているといわれています。

 

特に、妊娠初期に起こりがちな先天性奇形によるものや稽留流産などは、染色体異常などが原因で起こってしまう場合が多いのです。

 

妊娠期に葉酸が不足していまうと、遺伝子情報のコピーミスが起こり、こうした染色体異常につながってしまう可能性が高まります。

 

 

また、稽留流産の原因の一つとして考えられているものに、ママの胎盤の状態や血行不良などがあげられる場合もあります。

 

お腹の中の赤ちゃんに十分な栄養が行き届かず、発達が遅れたために流産を起こすという考え方です。

 

ご存知のように葉酸を摂取しておくことで血の巡りを良くすることができるため、こうした問題をサポートしてくれると考えられます。

 

妊娠中は赤ちゃんに栄養を運びやすくするのに、たくさんの葉酸を消費するのでなるべく不足しないように摂取したいですね。

 

大切な赤ちゃんを迎えるためにも、食事やサプリメントから栄養を摂るようにしましょう。