葉酸とは?妊婦さんが知りたい情報まとめ

葉酸とは?妊婦さんが知りたい成分や由来まとめ

 

 

 

 

1941年に乳酸菌の細胞の増殖を促す物質としてほうれん草の葉から発見されました。
名前の由来はラテン語から来ていて、「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」から、葉酸(folic acid)と名づけられたそうです。

 

 

葉酸の性質

 

 

 

葉酸は酸性やアルカリ性の水に溶けやすく、酸素、光、熱によって壊れやすい特性を持っています。
そういう性質上、水洗いや加熱調理の過程によっては栄養量が少なくなってしまいます。
一緒に食べる食材によっても吸収率が変わります。

 

 

また、ビタミン(葉酸を含む)を多く摂りすぎた場合にも尿によって排出されてしまいます。
このような理由から、葉酸を普段の食生活だけで十分に摂るには難しいと言われています。

 

 

葉酸の働き

 

 

 

葉酸には、たんぱく質や細胞を作る時に必要なDNAなどの核酸を合成する大切な役割があります。
そしてその主な働きはビタミンB12と共に赤血球を形成するのを助ける養分になります。

 

 

このことから造血のビタミンとも呼ばれています。私たちの体の細胞は遺伝子の情報を持つDNAを基礎として、常に生まれ変わっています。
葉酸が極端に不足してしまうと、遺伝子の異常によってDNAの配置が乱れてしまいます。

 

 

そうなると悪性貧血や胃潰瘍になったり、胎児に先天性神経管欠陥が生じるリスクが高くなります。

 

 

なぜかというと、核酸(DNAなど)は遺伝情報の通りに細胞を作るよう指示を出す物質と言われています。
葉酸はこの核酸の合成に深く関わっているため、葉酸が不足すると正常な細胞が作られなくなってしまうのです。

 

 

成人では、欠乏症状は細胞分裂が活発な場所である粘膜の異常(口内炎や吹き出物、下痢など)となって表れます。
成長の著しい胎児の場合には、神経管閉塞障害の原因となるので妊娠前・妊娠初期の女性には、とくに必要とされる栄養素になります。

 

 

葉酸の効果・効能とは?

 

 

 

欧米など諸外国の研究結果によりますと、葉酸を摂取することで二分脊椎症や無脳症などの先天性異常のリスクを軽減させる効果があると言われています。

 

 

身体の血液を増やす働きがあるので妊娠中の女性ならば胎児にも栄養がたくさん運ばれることになります。
授乳中であれば、母乳の元になる血液が増え、赤ちゃんに新鮮なおっぱいがたくさんあげられます。

 

 

授乳タイムは、赤ちゃんにとってもママにとっても最高に幸せな時間ですよね。
一生懸命おっぱいを飲む姿を見て、母になったことを再確認できる至福の時です。

 

 

上記に書いた通り、葉酸は細胞の生産や血液を増やす効果があることから、妊活・妊娠初期・授乳中の女性に取り入れると良いと言われる理由です。
また葉酸は、血液を作るだけではなく血液の流れを良くする効果もあります。

 

葉酸を摂取することで

  • 冷え性の改善
  • 生理痛の軽減
  • 首こり肩こりの改善

といった嬉しい効果まであります。