これが人気の理由!妊活中に葉酸を摂る3つのメリット

これが人気の理由!妊活中に葉酸を摂る3つのメリット

 

 

 

 

妊活中に葉酸を摂るメリットとは?

 

葉酸の主な栄養素は、ビタミンB群の一つです。
赤血球を作ったり細胞の成長を助ける働きがあります。
更に、アミノ酸やたんぱく質を合成する役割にも関わっているので、皮膚の粘膜強化にも効果的なんです。

 

 

妊活中という大切な時期にこそ葉酸は体に欠かせない成分です。
妊娠初期に必要な量の葉酸を摂らずにいることで、赤ちゃんを先天性障害のリスクにさらすことにもなりかねません。

 

 

葉酸を摂取すると胎児の二分脊椎症のリスクが70%軽減されると言われています。
妊娠初期とは妊娠7週目までを指し、うっかりしているとお腹に赤ちゃんがいることさえ気づかずに過ごしてしまう方さえいらっしゃると思います。
だからこそ、大切な妊娠初期に葉酸を不足させない方法として、赤ちゃんを望み妊活を始めた時期から、葉酸を摂取することが望ましいのです。

 

 

貧血を予防するのにも有効な葉酸

 

妊婦 葉酸不足 貧血

 

 

特に妊活中に気をつけた方が良いと言われる貧血にも葉酸は有効な成分です。
というのも、葉酸は体が新しい赤血球を作るために必要なのです。
赤血球は身体の器官に酸素を送るために不可欠であり赤血球が十分にない場合、貧血になり疲れやすくなってしまいます。

 

 

卵子が受精卵になるまで成熟するとき、着床してから赤ちゃんとしてこの世の中に生まれてくるまでの成長もすべて、子宮に血液が栄養を運ぶことで成立します。
質の良い血液を作るのにも、血管の細胞を強くするためにもなくてはならないのが葉酸のパワーです。

 

 

お腹の中で赤ちゃんを育てるお母さんの体は、血液の量も通常時1.5倍ほど増加すると言われています。
血液の量が増えても、血球も同時に増えるというわけではない為に、妊娠中は特に貧血気味になります。

 

 

だからこそ、妊活中に葉酸を摂取することが、貧血予防につながるのです。

 

 

葉酸摂取でつわりの軽減の効果はあるの?

 

妊婦 葉酸不足 つわり

 

 

つわりがあれば、赤ちゃんは元気な証拠って言いますよね。
ですが、妊婦さんにとっては辛いつわりです。
葉酸で軽減させることは可能でしょうか?

 

 

意外かもしれませんが、つわりは原因が不明なために、これといった対処法は見つかってはいません。
つわりの諸説と言われているものでは、妊娠によるホルモンバランスの変化や自律神経の乱れなどがあります。
葉酸を含むビタミンB群には、ホルモンバランスを整える働きがあるので、このことからつわりの症状を抑える効果があると言われています。

 

 

葉酸には、セロトニン分泌の効果も

 

妊婦 葉酸 セロトニン

 

 

葉酸は脳内を幸せにするというセロトニンを合成するのにも必要な栄養です。
妊娠時は精神的にも不安定になりますし、その上につわりなどでつらい思いをすることによって、暗い気分になりマタニティーブルーにもなりやすくなります。

 

 

精神を安定させてくれる効果やリラックス効果がある葉酸を摂取するようにしましょう。
とは言っても妊娠初期はつわりや妊娠に対する不安もあって食事もままならない妊婦さんも数多くいらっしゃると思います。
そんな時、つわりの症状やマタニティーブルーを緩和する葉酸を、調子が良い時に少しずつでも摂るように工夫して、大切な赤ちゃんを守ってあげましょう。