酵素ドリンクと酵素サプリは同じ?5つの違いをまとめてみました

 

酵素ドリンクは、野菜や果物から抽出された酵素を使用しています。

 

そのため、酵素ドリンクを飲んでいる人の中には、栄養補助のために利用されている方もいるのではないでしょうか。

 

ところで、栄養補助と言えば、酵素サプリも思い浮かびますよね。

 

では、酵素ドリンクと酵素サプリはどこが異なるのでしょうか、5つの違いをまとめてみました。

 

値段

 

酵素ドリンクや酵素サプリを普段の生活に取り入れる際に気になるのが、値段ではないでしょうか。

 

酵素ドリンクは、1本当たりの量が多く、値段も高くなりがちです。

 

目安にして3,000~6,000円くらいとなります。

 

その反面、酵素サプリだと、1袋あたりの内容量も少ないため、値段は抑えがちになります。

 

できるかぎり値段を抑えたい方には酵素サプリがおすすめですが、しっかり健康やダイエットをフォローしたい方には、酵素ドリンクがおすすめです。

 

吸収性

 

酵素ドリンクの場合は、飲むだけで胃や腸から、様々な栄養を直接吸収することができます。

 

酵素サプリの場合は、錠剤やカプセルが溶けだすまで待つ必要があります。

 

体への吸収性を見るなら、酵素ドリンクが断然早くなっています

 

飲みやすさ

 

酵素ドリンクは、飲みやすいように味が調整されているものが増えています。

 

黒糖を混ぜて甘みを出している商品も飲みやすいと人気があるんですよ。

 

酵素ドリンクの飲み方としては、原液、または水や炭酸水などに薄めて飲めるほか、

 

ヨーグルトのソースとしての活用法もあります。

 

最近は飲みやすい商品が増えてきているようです。

 

他方、酵素サプリは、ご存知の通り、ほとんど味がしない錠剤です。

 

たまに、クセがある風味だったり、錠剤やカプセルが大きいと飲み込みづらかったりします。

 

そのため、飲みやすさで行くと、酵素サプリよりも酵素ドリンクの方が飲みやすいと言えるでしょう。

 

携帯性

 

酵素ドリンクは、大きなビンに入っているものが多く、持ち運びには適していません。

 

その点、酵素サプリは錠剤やカプセル状のものが多いため、バッグなどに入れて容易に持ち運べます。

 

携帯性の面で見れば、サプリの方が扱いやすいと言えますね。

 

ダイエット性

 

酵素ドリンクを飲む人の中には、一度くらいはダイエットを考えたことがあるのではないでしょうか。

 

酵素ドリンクの場合、置き換えダイエットとして用いられることもあります。

 

ドリンクでダイエットをするのは意外な方法ですが、少しずつ飲むことで空腹感を感じづらくなりますよ。

 

他方、酵素サプリは少量のため、飲んだとしても満腹にはなりにくいでしょう。

 

ダイエット性の点から見れば、置き換えドリンクに使える酵素ドリンクがおすすめです。

 

まとめ

 

今話題の酵素ドリンクと酵素サプリ、どちらもダイエットや 美容に良さそうですよね。

 

一見すると、両者には普段の生活で不足しがちな栄養を補う側面もありますが、値段や吸収性、飲みやすさなど様々な違いがあります。

 

商品を購入する前に、両者の違いを把握して、より良いアイテムを選びましょう。

 

 

プチ断食でも痩せる?酵素ドリンクでのやり方とは

 

ダイエットに効果がある方法として断食がありますが、長期間の断食はリスクが高いですよね。

 

そういう問題に対応しているのがプチ断食で、この断食は数日程度の期間なので安全性が高いです。

 

期間は短くても効果は高い

 

プチ断食は短期間の断食ですが、効果はそれなりに高く数キロ程度なら痩せられます。

 

例えば休みの土日にプチ断食をすれば、仕事に支障がでない形で痩せることが可能です。

 

ただ断食は栄養バランスが悪化しやすく、健康問題を発生させる事があります。

 

そういう時に使えるのが酵素ダイエットで使う、酵素を使った商品です。

 

酵素入りの商品を使えば栄養面の心配がない

 

酵素ダイエットでは酵素の入ったドリンクを使い、それによってダイエット効果を高めます。

 

このドリンクは色々な栄養素が入っていて、ダイエット時の栄養不足を補えます。

 

更に酵素が体を活性化させて、痩せやすい体質を作るので効率よくダイエットができます。

 

プチ断食では栄養不足の問題が起こりやすいですが、酵素ドリンクを使えば対応可能です。

 

酵素ドリンクには十分な栄養があるため、定期的に飲んでおけば栄養不足は起こりません。

 

また断食のダイエットでは固形物をとらず、胃腸を休ませることも目的にしています。

 

酵素ドリンクは液体ですから、そういう用途にも使えるためプチ断食と相性が良いです。

 

短期間の断食をする時は日数を決めますが、2日程度の期間がやりやすいです。

 

それ以上長くなると体の負担が大きくなりますし、生活に支障が出るため2日程度が向いています

 

プチ断食をする時は酵素ドリンクを定期的に飲み、数時間に一回程度飲む必要があります。

 

それを2日行うわけですから酵素ドリンクは、それなりに用意しておいてから始めたほうがいいです。

 

まとめ

 

プチ断食は短期間食事を取らない方法で、短い期間ですけど十分に痩せられる方法です。

 

栄養不足は酵素ドリンクを飲むと良いので、予め準備をしておけば簡単にできます。

 

断食中は固形物を食べないようにして水分補給を多めにし、体を温めておけば成功できますよ

 

酵素ドリンクが続かない・挫折する人の共通点と解決策

 

酵素ドリンクが体にいいのは知っていながら、すぐに辞めて挫折してしまう人もいます。

 

これは一体どういうことなのか、その原因と対策について考えてみましょう。

 

原因は?

 

まず原因についてですが、これは人によってさまざまな要因があります。

 

例えば、酵素ドリンクの原液の味が濃すぎて、毎日飲むのが辛いという人もいます。

 

さらには、味には問題ないけど、毎日飲むことをつい忘れてしまうという方もいます。

 

他にもさまざまな要因がありますが、共通していることが二つあります。

 

それは明確な目的を掲げていないことと、継続するための工夫をしていないことです。

 

酵素ドリンクを長く続けていくためには、この二つを行うことが欠かせません。

 

まず明確な目的というのは、酵素ドリンクを何のために飲むのかという点です。

 

ダイエットのためなのか、健康を保つためか、自分の中ではっきりさせておく必要があります。

 

そうでなければ、酵素ドリンクを飲む意味を見失ってしまい、毎日飲む習慣を身に付けることができなくなります。

 

続けていくために

 

そして継続させるための工夫ですが、これは美味しく飲むためのアレンジのことを指します。

 

水や炭酸水で割ったり、ヨーグルトに混ぜてデザート風にしたり、酵素ドリンクを美味しく味わうためのアレンジ方法はたくさんあります。

 

そしてこのようなアレンジを行うことによって、飽きがこないようにすることができるのです。

 

酵素ドリンクを飲んでも続かないという方は、ぜひこうした点を振り返ってみてください。

 

そしてここで提示した原因と対策をぜひ実践するようにしてください。

 

そうすれば、酵素ドリンクを長く続けていくことができるようになります。

 

まとめ

 

繰り返しになりますが、酵素ドリンクを継続するために必要なことは、明確な目的と美味しく飲むための工夫です。

 

この二つがしっかりしていれば、挫折することなく飲み続けることができます。

 

自己流でもまったく構わないので、ぜひ戦略をもって臨むようになさってください。

 

筋肉質な人のためのダイエット方法・注意したいポイントは?

 

ダイエットを筋肉質な人が行う際に注意したいポイントを挙げてみます。

 

勘違いで間違った方法を取っている場合もありますから、気を付けて欲しい点です。

 

体重が減っても脂肪が減っているとは限らない

 

ダイエットを筋肉質な人が行う場合に、効果のあるなしを勘違いしやすいことがあります。

 

これは特に効果のほどを、体重の増減で計っている方法を取っている場合でしょう。

 

脂肪が減れば体重が減りますが、筋肉が落ちても体重は減ります

 

しかも同じ量の脂肪よりも筋肉の方が重いですから、筋肉が落ちたことでかなり減量できたと勘違いしやすい面もあります。

 

栄養不足の際には、脂肪よりも筋肉が先に減ることは覚えておくべきです。

 

足りない栄養を使われていない筋肉から得ようとする働きが起こるからです。

 

ダイエットによる食事制限で必要分に足りない食事に減らしてしまい、その結果筋肉が落ちているのを、減量に成功したと勘違いしてしまうわけです。

 

必要なカロリーはしっかり摂り栄養不足にならないように

 

ダイエットではなくただの栄養失調とならないことは、注意すべきポイントです。

 

たとえ筋肉質な人がダイエットする方法でも、必要な栄養分は摂りたいことには変わりません。

 

そのため注意したいポイントはカロリーの摂りすぎとならないことであり、必要分よりも低く抑えることではありません。

 

そして筋肉が落ちれば、ダイエットにとっては悪影響があることを忘れてはなりません。

 

筋肉が落ちれば基礎代謝量も落ちますから、それまでよりも太りやすくさせてしまいます。

 

単純に代謝量が減っているわけですから、必要分も落ちているからです。

 

そのためそれまでと同じ食事の量でも、余分も出やすく脂肪と化してしまいやすい、といったことに繋がります。

 

筋肉質な人のダイエット方法でも、栄養バランスの整った食事をカロリーの摂りすぎとならない量にすることは、注意したいポイントです。

 

筋肉質でも他の体質の人と方法は同じ

 

特に筋肉質な人だからと何か方法が変わるわけでもありません。

 

太りにくい体を作るためには、基礎代謝量を維持したいため筋肉量を維持したい、という点も他の体質の人と変わらないことです。

 

体重が減りだした際に、それが筋肉が落ちているためという場合もあるので、そこで調子に乗って無理に食事の量を抑えると体を傷めます。

 

筋肉質な人であれば勘違いでそれを起こしやすいので、注意したいです。

 

まとめ

 

筋肉質な人のダイエット方法で注意したいポイントは、筋肉が落ちているのに脂肪が落ちていると勘違いしやすいことです。

 

特に体重の増減で効果を計っている場合には起きやすいです。