酵素ドリンクと酵素サプリは同じ?5つの違いをまとめてみました

 

酵素ドリンクは、野菜や果物から抽出された酵素を使用しています。

 

そのため、酵素ドリンクを飲んでいる人の中には、栄養補助のために利用されている方もいるのではないでしょうか。

 

ところで、栄養補助と言えば、酵素サプリも思い浮かびますよね。

 

では、酵素ドリンクと酵素サプリはどこが異なるのでしょうか、5つの違いをまとめてみました。

 

値段

 

酵素ドリンクや酵素サプリを普段の生活に取り入れる際に気になるのが、値段ではないでしょうか。

 

酵素ドリンクは、1本当たりの量が多く、値段も高くなりがちです。

 

目安にして3,000~6,000円くらいとなります。

 

その反面、酵素サプリだと、1袋あたりの内容量も少ないため、値段は抑えがちになります。

 

できるかぎり値段を抑えたい方には酵素サプリがおすすめですが、しっかり健康やダイエットをフォローしたい方には、酵素ドリンクがおすすめです。

 

吸収性

 

酵素ドリンクの場合は、飲むだけで胃や腸から、様々な栄養を直接吸収することができます。

 

酵素サプリの場合は、錠剤やカプセルが溶けだすまで待つ必要があります。

 

体への吸収性を見るなら、酵素ドリンクが断然早くなっています

 

飲みやすさ

 

酵素ドリンクは、飲みやすいように味が調整されているものが増えています。

 

黒糖を混ぜて甘みを出している商品も飲みやすいと人気があるんですよ。

 

酵素ドリンクの飲み方としては、原液、または水や炭酸水などに薄めて飲めるほか、

 

ヨーグルトのソースとしての活用法もあります。

 

最近は飲みやすい商品が増えてきているようです。

 

他方、酵素サプリは、ご存知の通り、ほとんど味がしない錠剤です。

 

たまに、クセがある風味だったり、錠剤やカプセルが大きいと飲み込みづらかったりします。

 

そのため、飲みやすさで行くと、酵素サプリよりも酵素ドリンクの方が飲みやすいと言えるでしょう。

 

携帯性

 

酵素ドリンクは、大きなビンに入っているものが多く、持ち運びには適していません。

 

その点、酵素サプリは錠剤やカプセル状のものが多いため、バッグなどに入れて容易に持ち運べます。

 

携帯性の面で見れば、サプリの方が扱いやすいと言えますね。

 

ダイエット性

 

酵素ドリンクを飲む人の中には、一度くらいはダイエットを考えたことがあるのではないでしょうか。

 

酵素ドリンクの場合、置き換えダイエットとして用いられることもあります。

 

ドリンクでダイエットをするのは意外な方法ですが、少しずつ飲むことで空腹感を感じづらくなりますよ。

 

他方、酵素サプリは少量のため、飲んだとしても満腹にはなりにくいでしょう。

 

ダイエット性の点から見れば、置き換えドリンクに使える酵素ドリンクがおすすめです。

 

まとめ

 

今話題の酵素ドリンクと酵素サプリ、どちらもダイエットや 美容に良さそうですよね。

 

一見すると、両者には普段の生活で不足しがちな栄養を補う側面もありますが、値段や吸収性、飲みやすさなど様々な違いがあります。

 

商品を購入する前に、両者の違いを把握して、より良いアイテムを選びましょう。