酵素ファスティングダイエットのやり方まとめ

 

酵素ダイエットで最も早く効果が出るのが、酵素ファスティングダイエットです。

 

ファスティングを行うのは1日だけ

 

やり方は1日だけ酵素ドリンクと水だけで過ごします。

 

3日以上ファスティングする方法もありますが、専門的な指導の元で行わないと危険なので自宅で手軽にしたい人は1日だけに限定します。

 

1日だけでも体が断食に慣れていないと大きな負担がかかるので、ファスティングダイエットを行う前に1日~3日は普段より食事の量を減らしてカロリー摂取を控えておきます。

 

準備期間には消化に負担がかからないものを食べると良いです。

 

復食期間の食事は?

 

1日酵素ドリンクと水だけで過ごすことができたら、しばらくは復食期間に入ります。

 

断食が終わったからといきなり暴飲暴食をすると、体に非常に悪くリバウンドもしやすいです。

 

復食期間ではおかゆや味噌汁のような流動食に近い食事を行います。

 

固形物を食べると内臓が受け付けない可能性が高いです。

 

少しずつ固形物が食べられるようになるので、酵素ファスティングダイエットは完了です。

 

1日の断食でも体に支障が出る場合は、1食だけを酵素ドリンクに置き換えるマイルドな方法から始めてみると良いです。

 

酵素ファスティングダイエットのメリット

 

ファスティングダイエットでは栄養不足になることを心配する人もいますが、酵素ドリンクのおかけで体に必要な栄養素は摂取することができます。

 

通常の食事では酵素が不足していることが多く、酵素ファスティングダイエットで消化や代謝の機能がアップしてより健康になることもあります。

 

ダイエットによる肌荒れを防げるのもメリットです。

 

仕事の日に行うと日中のエネルギー消費量が多くなるので、エネルギー不足を感じやすいです。

 

あまり体を動かさなければ空腹にも耐えられるので、何の予定も入っていない休みの日に実施します。

 

人間の体の細胞は3ヶ月ごとに入れ替わっているので、リバウンドの心配がなくなるのは3ヶ月以上続けてからです。

 

定期的に断食する日を決めておき、無理のない範囲で最低3ヶ月は続ける必要があります。